本文へスキップ

愛媛県にて、カウンセリング・セラピーは「愛媛心理カウンセリングセンター」へ。悩み・相談(人間関係、家族、トラウマ、うつ、認知行動セラピー、夫婦問題)何でもご相談下さい。

電話でのお問い合わせは

TEL. 0897-72-2502
090-7574-7563

9:00~24:00(年中無休)
〒794-2304 愛媛県今治市伯方町北浦甲288-3

 

PAGE TOP

「どうせ 分かってもらえない!」という怒りについて

当センターの心理カウンセリングでは 、「悲しみ」の他に「怒り」の感情をとても重視しています。
それは「悲しみ」の根底にも「怒り」の感情が渦巻いているからです。
怒りの感情は上手く発散できれば問題無いのですが、我慢を続けていると体調が悪くなりますし、
他人を傷つければ他害行為になり、自分を傷つければ自傷行為となります。
自傷行為はだいぶ認知されるようになりましたが、リストカットや大量服薬、摂食障害から爪噛みまで、その種類はさまざまです。

また自傷行為がなかなか止められないことを考えますと、そこには強い依存性があることが分かります。
自傷行為は周りがただ「止めなさい。」と言うだけでは止められません。
自傷行為を続けると命に関わるというのは当然ですが、問題の根底にある「怒り」を癒さなければなりません。
相手に怒りをぶつけられないからこそ、 自責の念から自分にぶつけてしまうのです。

まずはクライアント様の気持ちを理解し共感することが大切だと考えています。
家庭でも学校でも職場でも出発はすべて同じです。
「 自分を傷つけるという形でしか表現出来なくなった怒り」を言葉に直して表面化させ、不必要な怒りや自責の念を見直して症状を消していくということです。

今まで溜まっていた怒りの感情が噴出して、心理カウンセラーにぶつけることもあるでしょう。
でも安心して下さい。
無意識の世界に押し込まれていた感情が表出し、受容されることによって、本当の浄化と症状の消失が始まるのです。
これはうつ状態や神経症でも同じことです。

★お陰様で多くの地域の皆様からご依頼を頂いております。(愛媛県・香川県・徳島県・高知県・広島県・岡山県など)
料金後払いで通話料も無料になるよう努力しておりますので、お気軽にお電話下さい。